WiMAX2+の申し込みでタブレットが貰えるプロバイダはここ!

WiMAX2+の申し込みでタブレットが貰える!

 

 WiMAX2+を申し込むと、最新のタブレットが無料でもらえるキャンペーンを行っているプロバイダがあります。「@nifty」「GMOとくとくBB」の2社です。WiMAX2+は、どこでも利用できるので、同じくどこでも利用できるタブレットとの相性がとても良いんです。ですのでこれまでタブレットを持っていなかった人で、この機会に使ってみたいと思っているのであれば、キャッシュバックではなくタブレットを貰える特典を選んだ方がお得かもしれません。

 

「@nifty」でもらえるタブレットは、2014年モデルのASUSMeMOPad7の1種類ですが、「GMOとくとくBB」では、@niftyと同じ2014年モデルのASUSMeMOPad7の他に、2013年モデルのNexus7が選べるようになっています。

 販売価格としては、Nexus7の方が上ですが、スペックとしては最新のASUSMeMOPad7の方が高性能です。ハードディスク容量は16GBですが、SDカードを追加することで容量を増やすことができますから、もし選べるのであればMeMO Pad7を選んだ方がよいかもしれません。
ただし、こちらのキャンペーンは期間限定ですし、在庫が無くなり次第終了ということですから、もし申し込むのであれば急いだ方がよいでしょう。

 

タブレットの比較
価格販売

Nexus7>ASUSMeMOPad7

性能

Nexus7<ASUSMeMOPad7

 

タブレットを貰う際の注意点

 

 キャンペーンの特典として、キャッシュバックではなくタブレットセットを選んだ場合には、1つ気を付けておかなければならない点があります。それは解約金の違いです。
@niftyの解約金を例に取ると、キャッシュバックを選んだ際の解約金は、それぞれ税込みで1年目は19,950円、2年目は14,700円ですが、タブレットセットを選んだ際には、1年目が25,200円、2年目が19,950円とかなり高い金額設定になっています。

 

 3年目以降の解約金は9,500円で同じですが、2年目までに解約しようとした場合に、特典の選び方だけで、解約手数料に大きな差が生じます。もちろん、契約する時点で解約するときのことは考えないものかもしれませんが、WiMAX2+を使い始めてみたら、思っていた性能とは違ったという不満を感じることや、より高性能なモバイルルーターが発売されて乗り換えたくなるということは考えられないことではありません。

 

 ですから、タブレットを選ぶ場合には、解約手数料がキャッシュバックを選ぶ場合よりも高くなるということをきちんと理解した上で選ぶようにしましょう。

 

例…@niftyの解約金(それぞれ税込)
キャッシュバックを選んだ際の解約金

1年目は19,950円
2年目は14,700円

タブレットセットを選んだ解約金

1年目は25,200円
2年目は19,950円

 

(3年目以降の解約金は9,500円で同じ)