WiMAXからお得なWiMAX2+に無料で乗り換える方法!

WiMAXとWiMAX2+の速度差が広がる!

 WiMAXやWiMAX2+の通信インフラを管理しているUQコミュニケーションズが、現在WiMAXの周波数帯域として使っている30MHzのうち、20MHzをWiMAXからWiMAX2+へ切り替えてサービス提供をするという発表をしました。

 

このようなキャリアアグリゲーションを2015年春から導入することにより、現在最高速度が40MbpsのWiMAXは13.3Mbpsまで速度が低下し、逆に、WiMAX2+は110Mbpsから220Mbpsへ大幅に通信速度がアップします。

 

WiMAXからWiMAX2+へ乗り換えるチャンス

 WiMAX2+のサービスが始まってからも、WiMAXで契約を続けていたユーザーは少なくありません。最大速度が40Mbpsであれば速さとしては十分というユーザーにとっては、通信量の制限が無いということがメリットだったからです。

 

 しかし、今回にキャリアアグリゲーションによって大幅に速度が下がった上に、数年後にはすべての周波数帯域がWiMAX2+へ移行することが予想されています。しかも、WiMAX2+は速度アップに加えて、新たなプランである「ギガ放題」プランも併せて導入されることになりました。ですから、WiMAXからWiMAX2+へ乗り換えるなら今がチャンスなのです。

 

乗り換えキャンペーンが熱い!

 WiMAXの既存ユーザーは、これまで、WiMAX2+に乗り換えたくても、一度解約手数料や事務手数料を支払い、端末も有料で交換してWiMAX2+に切り替えなくてはなりませんでした。

 

 しかし、今回は通信会社の都合により周波数帯域を移したという状況があるため、既存ユーザーに対する優遇措置をUQWiMAX初め、各プロバイダで取っています。UQWiMAXでは、2014年11月1日から「WiMAX2+史上最大のタダ替え大作戦」を行っており、「Wi-FiWALKERWiMAX2+HWD15」「Wi-FiWALKERWiMAX2+NAD11」の2機種には無料で交換できるようになっています。 
 ただし、この2機種は下り最大220Mbpsのヤ倍速には対応していないため、下り最大110Mbpsでの利用になります。また、交換時からは、WiMAX2+の利用料金税別3,696円が適用されるようになり、その時点から2年間の契約と言う形になります。
ただし、解約料や事務手数料が必要ないため、220Mbpsの早さは必要ないということであれば、乗り換えキャンペーンを利用した方がお得に乗り換えできるでしょう。

 

つまり乗り換えキャンペーンとは?
今までのWiMAXの既存ユーザー

WiMAX2+に乗り換えたい!だけど…

  • 一度解約手数料や事務手数料を支払い
  • 端末も有料で交換
しかし2014年11月1日より…

「WiMAX2+史上最大のタダ替え大作戦」!

Wi-FiWALKERWiMAX2+HWD15

Wi-FiWALKERWiMAX2+NAD11

この端末2機種は無料で交換!
解約料や事務手数料が必要なし!

※ただし2機種は下り最大220Mbpsのヤ倍速には対応していないため、下り最大110Mbpsでの利用になります。