通信速度2倍!LTEも使える!WiMAX2+は今が変え時!

WiMAX2+は速さだけじゃない!

 WiMAX2+は、2015年春から下り220Mpbsのエリアが順次広がる予定です。また、契約後2年目から1か月あたり7GBという通信量制限がかかることが懸念されていましたが、ギガ放題プランが登場することにより、通信量の問題もほぼクリアできる状態になりました。

 

ですから、通信量を気にせず高速通信を楽しみたい人にとって、より使い易い環境になったと言えます。なお、220Mbpsの超速通信を楽しむためには、その速さに対応した端末が必要になりますから、従来の機種での通信は最大110Mbpsになります。

 

とは言え、現行の110Mbpsでも十分高速通信と言える速さです。WiMAX2+の売りは超速通信だけではありませんから、それ以外のメリットは従来の端末でもそのまま活かすことができます。

 

WiMAX2+はau4GLTEも使えてつながりやすい

 WiMAX2+の端末は、従来タイプの「Wi-FiWALKERWiMAX2+HWD15」なら、モード切替によって下り最大110MbpsのWiMAX2+以外にWiMAXとau4GLTEの電波を拾って利用することが可能です。更に、2015年春に登場する最速220Mbps対応の「SpeedWi-FiNEXTW01」なら、下り最大220MbpsのWiMAX2+とau4GLTEの切り替えで利用が可能です。

 

これらの端末は、公衆無線LANやWPSにも対応していますから、速さだけでなく、つながり易さの面でも使えるモバイル通信と言えるわけです。

 

つまり…
従来の「Wi-FiWALKERWiMAX2+HWD15」は…

下り最大110MbpsのWiMAX2+
au4GLTE
・WiMAX
…の利用が可能

「SpeedWi-FiNEXTW01」は…

・下り最大220MbpsのWiMAX2+
・au4GLTE
…の利用が可能

 

これらの端末は公衆無線LANやWPSに対応!

そして速い、繋がり易い!

 

au4GLTEを使うには「ハイスピードプラスエリアモード」の契約が必要

 使いたい場所がWiMAX2+のエリアに入っていないという場合でも、WiMAXやau4GLTEのつながるエリアに入っていれば通信が可能です。WiMAXやWiMAX2+よりも4GLTEがカバーしているエリアはかなり広いため、この3種類の通信モードを切り替えて使えれば、ほとんどの場所でつながると考えてもよいでしょう。

 

 それら3つのモードで使うためには、「ハイスピードプラスエリアモード」の契約が必要になります。その場合には追加の料金が必要となりますし、LTEには通信量の制限があるため、春以降も7GBの制限がかかるということは気にしておいた方がよいでしょう。